FC2ブログ
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月7日 食品の安全性と表示
今年初めての講義は的場先生による「食品の安全性と表示」  
                       的場先生宅の「おせち料理」
 DSCF6545.jpg DSCF6552.jpg
酒井CDによる講義前の準備体操 
            手の甲のあたりをもんで血流を良くします
DSCF6549aaa.jpg 
DSCF6548.jpg
先生の講義スタート
    メリハリの利いた、分かり易い口調です
 DSCF6551.jpg
食品の安全性 食物に関する法律について
 ・食品の安全性では消費者自身も自己判断力が求められる
 ・賞味期限には製造年月日の表示義務はない
 ・店舗で調理した食品は表示義務はない

DSCF6553.jpg DSCF6556.jpg 
ハム、ふき、ブリ切り身、たまご等などの表示の説明 
DSCF6559.jpg DSCF6563.jpg DSCF6562.jpg 
DSCF6566.jpg DSCF6565.jpg DSCF6564.jpg
生卵について、日本でのサルモネラ菌の発生頻度は年間で
  4個/数百万個で安全性は非常に高いとの事
DSCF6568.jpg DSCF6569.jpg
ビール関係の種類と酒税、遺伝子組み換え作物の表示
 ・日本のビール酒税は世界でも高い
 ・大豆の遺伝子組み換えは国産はゼロ、米国等の輸入品は80%₊

DSCF6576.jpg DSCF6578.jpg
有機農作物と食品の凍結の功罪
 ・化学肥料では土壌が痛むこともあり、有機農作物は増加傾向
 ・微生物は凍結では死なないが、寄生虫は凍結で死ぬ

DSCF6581.jpg DSCF6584.jpg
講義を終えての感想
  遺伝子組換え原料を使用した食品を摂取すると、自分の 遺伝子も
    おかしくなるのではないか?と、不安を感じていましたが、先生は
     「身体にとって害は無い、人間は排除する能力を持っている」と、
 力強く断言された事が印象に残りました。

 Yk

次回予定は1月21日(月)
  AM:高大、白熱教室  的場輝佳先生(奈良女子大学 名誉教授)
  Pm:社会への参加活動(2月4日の説明)
   ・コーダイフェスタの展示物準備
   ・フェスタへのバザー商品の供出 ☚早い目に集めて、食事前に
                        6階へ届ける必要があります。
                        13時から会場へ向け出発!

 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 高大シニアの健康と医療を易しく学ぶ科. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。