FC2ブログ
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
食物の栄養学入門
食物の栄養学入門
的場 輝佳先生(奈良女子大学 名誉教授)
    

栄養とは何か❓     
     

栄養は命の源     エネルギーの源
    炭水化物4kcal   タンパク質4kcal   脂肪9kcal(1g当)   食品 5kcal 摂取 
   1日摂取エネルギー2000kcal      400g摂取
   水分を含むと1kgたべないといけない。

体に必要な栄養素 、体は何で構成❓
   
    生合成=生合成(細胞内)で器官や組織がつくられる。     
    動的平衡=体内で分解と生合成が同時進行で器官、組織を維持

生体内の化学反応に酵素が関与
   
     酵素=タンパク質+補助酵素(ビタミン類)+鉄、銅、亜鉛

   
    赤身肉は鉄分が多い。

タンパク質の機能
    生体構成成分(筋肉、臓器、骨、皮膚、眼など)酵素 生体内で起こる
    化学反応の触媒  エネルギーの源   物質の輸送    ホルモン
    抗体(免疫作用)

タンパク質は20種のアミノ酸が結合して高分子
    20種のアミノ酸のうち、9種は必須アミノ酸    体内で構成されないので、
   食物として摂取しないといけない。

食事摂取基準(栄養所要量)
    日本食品成分表、食事バランスガイド参考にして摂取しましょう‼️

脂肪酸の機能
    飽和脂肪酸    不飽和脂肪酸    植物性油脂、魚油
    必須脂肪酸(リノール酸、〆-リノレン酸、アラキドン酸、EPA、DHA) 
   
必須脂肪酸の摂取不足     必須脂肪酸欠乏症 
成長障害、生殖不全皮膚障害、視力障害必須脂
  
必須脂肪酸を摂取するようにしましょう!

ビタミン 
   
生体内では合成されないので、食物から摂取しなければならない。

脂溶性ビタミン 
   
緑黄色野菜 βーカロテン(カロテノイド)、体内でビタミンAに変わる。 
   紫外線浴びると、体内でエルゴステロールがビタミンDに変わる。 
   ビタミンE(トコフェロール)は、体内で抗酸化性(活性酸素の消去) 
   ビタミンKは、血液の凝固を促進する。 
    油脂と摂取すると、脂溶性ビタミンの吸収が促進する。 

水溶性ビタミン 
   
ビタミンB1が欠乏すると脚気になる。 
   葉酸  妊婦前の女性が欠乏すると奇形児が修正する恐れあり。
   (ヨード卵を取るとよい)

ミネラル 
  
体で作ることできないので、食物から摂取。

カルシュウム欠乏症  (骨粗鬆症、くる病、神経、心因症) 
亜鉛欠乏症                 (味覚障害)
 鉄分欠乏症                (貧血)

CA吸収(骨形成)→骨→CA溶出(骨吸収)   
エストロゲン抑制   (女性は閉経後減少) 
           負荷をかけないと骨は形成されない


12月10日(月)  心臓のお話
岡田 昌義先生 (神戸健康大学  理事長)

                                                            T T




スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 高大シニアの健康と医療を易しく学ぶ科. all rights reserved.