FC2ブログ
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
2月4日(月) 環境施設組合 舞洲工場見学
本日は、社会への参加活動の一環で、大阪市、八尾市、松原市環境施設組合 舞洲工場の見学です❗
幸い天気も良く、皆さん時間通りに舞洲工場に集合出来ました。

DSCF6774.jpg DSCF6778.jpg

※ 舞洲工場の外観はウィーンの芸術家フリーデンスライヒ フンデルトヴァッサー氏のデザインによるもので、自然との調和の象徴として多くの緑で囲まれています。
2017-1222-1637_2[1]

舞洲工場はゴミ焼却設備に三分の一、公害対策設備に三分の二を使っているそうです。
※ 壁面の赤と黄色のストライプは工場の内部で燃焼する炎をイメージし、表現しています。
mai-gaikan_01[1]

※ まず始めに、大会議室で20分ほどのムービーを見て、その後施設の見学です。
DSCF6782.jpg DSCF6781.jpg

※ 施設は24時間稼働しています。ゴミピットには、昼夜合わせて1日に約600台の収集車両が入って来ます。一番多い搬入時間帯はなんと早朝の3時頃だそうです。それは大阪市には北、南の飲食店が多いからだとか。
DSCF6788.jpg DSCF6785.jpg

※ 巨大なツメを搭載したクレーンが、ゴミをつかんで焼却炉につながる投入ホッパーへ運びます。
一度に持上げるゴミの量は約1t。
そして、1日当たり900tのゴミ処理が出来るそうです。
DSCF6787.jpg

※ ゴミは焼却された後に重量5分の1、容積で15~20分の1の焼却灰になります。その後トラックに積み込み埋立地へ運びます。
※ ゴミ焼却時に発生した蒸気を工場内の発電に利用し、余った電気は電力会社に売却します。
DSCF6792.jpg

※ 粗大ごみ処理設備
不燃性粗大ゴミはおおむね15㎝以下の小片に破砕します。
可燃性粗大ゴミは約40㎝以下の小片に切断されます。不燃物を破砕して鉄とアルミに分けますが、その回収方法は鉄は磁石で、アルミは渦電流で飛ばして回収し、売却します。

※ 屋外の遊歩道
自由に歩ける遊歩道で自然との調和の象徴として、多くの緑で囲まれて、手すりや道路まで曲がりくねっています。
mai-hodou_02[1]

今回見学させて頂いて、今まで派手な外観から感じていたイメージがすっかり変わりました。
自然との調和を目指してのコンセプト通りに環境に配慮した設備と公害対策への尽力に心から感謝します。 


次週は祝日お休みになります。
次々週2月18日はW講義で、
午前は:健康食品のサイエンス 
    的場 輝佳先生(奈良女子大学 名誉教授)
午後は:加齢に伴う身体の変化
    川島 実先生(元、気仙沼市立本吉病院 院長)


                  HM
スポンサーサイト
スポーツで認知機能が維持できるか?
1月28日(月)
スポーツで認知機能が維持できるか?
  藤本繁夫先生
(大阪市立大学  名誉教授)


20歳の時体力100%とすると70歳の時は50%となる。毎年1年間に1%低下する。
加齢によって注意機能も低下する。
65歳以上   15~20%の認知症が増加

注意・短期記憶が低下している。
日常活動が低下してくると認知機能も低下してくる。
不活動性・タバコ・高血圧・肥満・糖尿病を25%改善するとアルツハイマーの低下がみこまれる。生活習慣大きく影響する。これらは、自分でコントロールすることができる。

知力体力は連動している。

運動すると脳が活性する。

低酸素・低圧のより注意機能が低下するので山歩きは判断が大切‼️

神経細胞の新生と海馬の血流量の増加の割合が相関

70歳の人でも2か月運動トレーニングを行うと注意・短期記憶の認知機能がよくなった。

有酸素運動
1.息を止めない2.多くの筋肉を使う   大腿四頭筋・ハムストリング(大きな筋肉は疲れない)3.リズミカルな運動  全身の筋肉を使うウォーキングなどが良い。心臓からの血液は血圧で全身に送り出し、筋肉の収縮と弛緩により戻される。 

有酸素運動(ウォーキング)する事で認知機能がアップする

ながら運動するとより効果が得られる。
例・100から-7を繰り返し歩く。
トップアスリートは脳と連動してる人が多い。


体と脳を使って➖
するスポーツ  生涯スポーツのすすめ
有酸素運動に励みましょう‼️

次回  2月4日 (月)  社会への参加活動
         2月18日(月)   W 講義です。
                     午前 健康食品のサイエンス                          

                              的場輝佳先生(奈良女子大学名誉教授)
                     午後  加齢に伴う身体の変化
                              川島実先生(元、気仙沼市立本吉病院院長)
TT





1月22日基調講演&シンポジュウム
10周年記念シンポジウム
「第1部」
「人生100年時代」における目指すべき姿と           高齢者大学に期待すること
講師  森  詳介氏    関西経済連合会相談役
                               関西電力(株)相談役

少子高齢化になり、高齢者の担う役割が大きくなっている。

「第2部」
素敵なシニアライフで  健康寿命を伸ばそう!
ボイストレーニングでシニアライフを楽しむ科
                      江本  あきこ氏
両腕を上げ準備運動をして、お腹から声を出して故郷の歌を歌い脳の活性化を図りました。

和食を愛する科      奈良女子大学名誉教授  
                                  的場   輝佳氏
    
食事を通じ人との繋がり、料理の段取りを考える事で認知予防につながる。
的場先生の楽しく、わかりやすいお話で盛り上がりました。

大阪工業大学  ロボティクス&
                            デザイン工学部 客員教授
                          筒井  博司氏
 
      
認知症には脳血管性認知症(習慣病による脳内毛細血管の劣化)とアルツハイマー型認知症加齢による脳内毛細血管の劣化)がある。
アルツハイマー病変の早期検出法を血液検査で確立。治療薬、予防薬開発の加速が期待される。

認知症予防には運動(有酸素運動)が有効
1.脳血流の増加
2.ホルモンの増加
3.脳の成長因子の増加
4.ネプライシン(Aβ分解酵素)の活性化
運動の効果のより、脳血管性認知症予防、アルツハイマー型認知症の予防、認知症状の改善


筋力運動の増加と脳血流量の増加をアシストする歩行支援ロボット

元気なうちから認知症予防、生き甲斐ある日常の生活が大切‼️

大阪府高齢者大学 理事長
               和田  征士氏
長時間のシンポジウム  お疲れ様でした


TT
1月22日、23日コーダイフェスタ 2018
「10周年記念コーダイフェスタ2018」が開催されました
前日の1月21日夜、我が「シニア健康と医療を易しく学ぶ科」でも
5班それぞれが研究テーマを展示しました。

展示風景 19時からの展示で各班担当者のみなさんお疲れさまでした。
DSCF6647.jpg DSCF6649.jpg DSCF6655.jpg DSCF6656.jpg DSCF6662.jpg DSCF6660.jpg

私たちが苦労して作成した各班の展示物です。
詳しい内容は3月4日の学習成果発表会になります
乞うご期待です!.
fc2blog_201901221202163e2.jpg  

1月22日、23日 フェスタ本番 総勢3000人以上の参加で賑わいました。
DSCF6670.jpg DSCF6675.jpg DSCF6676.jpg
10:00早速バスケットシュート競技のはじまりです。
DSCF6683.jpg DSCF6684.jpg DSCF6689.jpg
「シニアの健康と医療を易しく学ぶ科」にも沢山の見学者が見えました。
DSCF6692.jpg DSCF6693.jpg
23日最後の催しはいつもの阿波踊りでの締めくくりです。
 DSCF6753.jpg DSCF6752.jpg DSCF6761.jpg

最後のコーダイフェスタ参加者からの感想です。
(一口メモから)
今回のフェスタは充実しており大変良かった。
     ただ二日連続はしんどかった。
会場が広すぎて足が疲れました。でも楽しかったです。
久方に体を動かして、元気が出ました。
5回目の参加ですが、一番良かったです。
     運営係のみなさまお疲れさまでした

次回1月28日は「ストレス病とその解決法」 
  大阪市立大学 名誉教授 藤本 繁夫 先生になります。
                          MY





1月21日高大白熱教室
1月21日(月)   安全性が気になる食品は?

的場輝佳先生(奈良女子大学名誉教授)

本日は、前回講義を振り返り、疑問に思ったこと、
良い事だと実践している事など話し合い発表しましょう‼️

皆さん色々な意見が飛び交いました。
各班で発表です!
主食を皿に取るようにしたらダイエットに成功!
薬事効果のある食べ物、食べる順番も大切‼️ 
汁物→野菜→魚・肉→御飯
外国産の食物はできるだけ避け、国内産の食物を取るように心掛ける。
インスタント食品と遺伝子組み換え食品の将来への不安
発酵食品を取るように心掛ける。

〆に先生からのお話
自給率を上げるため、自国の食物を食べるようにしましよう‼️
政府による抜き打ち検査の強化。
環境、人件費の問題が多きい。
米を食べたら太るは間違い‼️ トータルが大切。食べる量をコントロールする。
太る一番の原因は油にある
動物性はほどほどにする(大量に取ると良くない)
植物性アマニ油、オリーブオイル(オメガ3脂肪酸、アルファリノレン酸,リノレン酸)
インスタント食品は食塩と油の取りすぎになり、カロリーが高くなる。メイン食品になると問題‼︎
ジーンバンク  種の確保 海外流出を防ぎ知的財産を守る
大皿に盛る料理は取りばしをおき雑菌が入らないよう注意する。
添加物を使用しないで食品を保存することは出来ない。
次回講義にて詳しく教えてくださいます。

1月22.23日   コーダイフェスタ
朝潮橋  大阪市中央体育館
上履き着用

1月28日(月)  ストレス病とその解決法
藤本繁夫先生(大阪市立大学  名誉教授)

TT
Copyright © 2019 高大シニアの健康と医療を易しく学ぶ科. all rights reserved.